<< 祝 10万キロ | main | 中古車情報 JOGZ(黒) >>

スポンサーサイト

  • 2018.06.23 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


マジェスティ250(4D9) バッテリー上がり


急にバッテリーが上がったとの連絡があり修理入荷した4D9マジェ。



購入されて2年、
毎日通勤の足として使用して
走行距離3万5千キロとよく走っているお客様なので、
単にバッテリーの寿命かなと想像していました。


バッテリーを外してバッテリーチェッカーで測ってみると
案の定、電圧が低い。
こりゃバッテリーだなーと思いましたが
念のため予備のバッテリーを付けて充電電圧測定。
あれれ?
12Vしか上がらない。14V以上が正常です。
低すぎる数値。
これではどれだけ走っても充電しませんのでバッテリー上がります。
ステーターコイルの故障かレギュレーターの故障か。
まずはステーターコイルを点検していきます。

外装を外しつつハーネスとステーターコイルが
接続されているカプラーを発見。
各相の導通をチェックすると導通あり。OK。
次にアースにとってみると見事に針が振れました。
おそらくショートです。


エンジンの右側のカバー内にあるステーターコイルを外してみます。

 
   

黒く焦げてる!
その部分で短絡(ショート)しているんですね。
原因発覚で一安心です。



新しいステーターコイルに交換して組付け完了。
再度充電電圧を測定すると14.5V。正常です。
さらに充電電流も測定したところ2Aほどしてます。
レギュレーターも大丈夫。

無事修理完了です!!




スポンサーサイト

  • 2018.06.23 Saturday
  • -
  • 11:54
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM