<< ヤマハからお得なキャンペーンのお知らせ | main | ドラッグスター400クラシック 長期保管の修理 続き >>

スポンサーサイト

  • 2020.06.15 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ドラッグスター400クラシック 長期保管の修理

先日ゴールデンウィーク期間中に

ドラッグスター400クラシックの修理のご依頼を頂きました。

なんと10年間車庫で眠っていたバイクを復活させたいとお電話頂きました。

不動となったあとかなりの年数が経過してるので、

修理可能か実際に見てお返事させてくださいと連絡させて頂いて、

お客様の家に行かせて頂きました。

 

現車を見るとびっくり。

めちゃめちゃ綺麗。

事前に掃除して頂いていた事もあるでしょうが

クロームメッキ輝いていました。

大切に保管されていたのでしょうね。

外観は10年も眠っていたバイクとはコンディションです。

 

10年と聞いてまずタンクの状態が気になります。

錆が酷いとタンクが使えない可能性があるので。

さっそくタンクの中の状態をチェック。

思った通りやっぱり開きません。

錆でタンクキャップがガチガチに固まっていました。

潤滑剤を塗布して何とかタンクキャップを開けることができました!

思わずおぉぉーっと声がでました

これはすごい。

かなりひどい錆です。

錆取りできない可能性があり

タンク交換もありえる事をお客様に了承して頂いたので

修理を受けさせていただきバイクをお店に引き上げました。

 

 

あいにくゴールデンウイークということもあり

ヤマハの部品発注システムがメンテナンスのためストップ。

真っ先に確認すべきタンクの交換パーツが有るか確認できません。

システム再開まで2日間あったので、

先にE/Gを掛ける修理をすることにしました。

 

 

まずはタンク。

そしてエアクリーナーを外します。

 

キャブが見えました。

意外に綺麗。

タンクを先に見ていたので驚き。

 

キャブレターを外して、

バラシてみてもビックリするぐらい綺麗。

10年間乗ってないとは思えない。

ですがジェット類はやはり詰まってました。

キャブコンと極細針金を駆使してしっかり穴を通していきます。

その後しばらく洗浄液に漬け置きしたのち、

残った汚れをパーツクリーナーでしっかり落とし、

エアブローして穴を通ったのを確認して組み上げます。

 

綺麗になりました!

そしてキャブレターを取付。

バッテリーにブースターをつないで電磁ポンプが動いてる事を確認。

ガソリンを繋いでキャブに流します。

オーバーフローもない。

プラグキャップにプラグを付けて火花もOK。

プラグ交換してセルを回します。

2、3回セルを回したらスッとE/Gかかりました。

アイドリングも安定。吹け上りも問題なし。

同調も取って絶好調になりました。

 

あとはタンクのみ。

続きます。


スポンサーサイト

  • 2020.06.15 Monday
  • -
  • 11:23
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM